注文住宅で建てた新築木造住宅の壁紙は最低限のものがいい?

新築木造住宅の壁紙は最低限のものでいいと考えています。 とくに建売り住宅などのように、あらかじめ壁紙が張られていない注文住宅でマイホームを建てた場合は、 なおのこと最低限の壁紙を張っておけばいいぐらいのことを思っています。 なぜなら、新築で木造住宅を建てて1年か2年目には壁材が変化しやすいからです。 いや、正確に言えば、壁材だけではなく家全体の木材が変化するのです。 しかしやはり、もっとも変化しやすいところと言えば、壁材ですから。 そしてまた、当然のことですけれど、壁紙に影響が出るのが壁材ですからね。 そしてなぜに壁材が新築時から変化するのかと言いますと、それは「水を吸うから」です。 乾いた状態にて家を造る資材として使われた木材ですが、生活の中で水分を吸っていきます。 すると、微妙にふくらんだりと変化が起こっていくわけです。 とは言え、1ミリにも及ばない変化であることが多いのですが、 しかしそれでも一部分だけならまだしも全体でトータルすると結構な変化となりますからね。 ですから壁紙にも「ヨレ」や「破れ」といったことが変化として出やすいのです。 ですから、木造住宅の場合ですと、家を新築で建てて1年2年で壁紙の張替えを行うお宅も 珍しくはなかったりするのです。だからこそ、「最初は最低限の壁紙を張る」ということが行われているのです。