北国で吹き抜けのある注文住宅を建てたけど・・

二年前に注文住宅を建てました。雪国で寒い地域なのですが、どうしても昔からの夢である吹き抜けのある家というのを諦めきれず、リビングに大きな吹き抜けのある家を建てました。吹き抜けには大きな窓も天窓もあります。 吹き抜けをちょっと後悔したのが、やっぱり冬でした。ストーブを使っているのですが、とにかく部屋が暖まりにくいんです。気温がマイナスまでいかなければ快適に過ごせますが、氷点下になってしまうと部屋の中は少し寒くなります。家の中ではぬくぬく過ごすのが当たり前の北国では、ちょっとキツいです。 天井のファンを全開で回して、大きな窓と天窓にはブラインドとシェードをつけて寒気がおりてこないようにして、二年目の冬は前年より暖かく過ごすことが出来ました。 寒いのが絶対に嫌!という人で、気温が氷点下になる日もあるという地域に住んでいる人には吹き抜けはオススメしません。 ただ、私は吹き抜けは開放感もあり明るいしオシャレだし、とっても気に入っています。だから少しくらい寒たって過ごせていますね。