リフォーム工事には写真撮影は欠かせない

中古リフォームを行う際にも「写真撮影」は地味に忘れてはいけないポイントですから。本当に地味目なことではあるのですが、「写真撮影」は大工さんたちにプレッシャーを与える意味合いもあり、そしてまた何らかのトラブルがあれば、物的証拠にもなってしまいますからね。ですから、ほんの1分でもいいですから、リフォーム工事を行う際にはリフォーム工事の現場もおさえておくのがいいでしょう。 なお、写真を撮るのはなにもリフォーム工事現場だけではありませんから。リフォーム工事が始まる前にも撮影しておくのがいいでしょう。どこを撮影するのかと言いますと、もちろんリフォーム工事が始まる前の家の中です。リフォーム工事で大工さんが通るであろう場所は撮影しておくのがいいですよ。搬出搬入で使う通路の壁や床も撮影しておきましょう。リフォーム工事の際に、傷をつけられることだって決して「ない」とは言えませんからね。 まあ実際にわが家は脱衣所の床にクマがひっかいたような傷をつけられましたからね。もちろん大工さんに文句は言いましたし修繕もしてもらいました。そして、その経験からも「写真撮影」って大事だなと思うのです。