築浅住宅にリフォームして住むと言う選択

日本人は住宅を購入するなら新築と言う根強い信仰に似た感覚があるとよく言われます。確かに新築住宅は綺麗で気持ち良く、できる事なら新築が良いと言う気持ちも良く理解できます。 しかし、近年木造の戸建て住宅でも耐震性が高まり、長く住む事ができる強固な躯体を謳い文句としている住宅も増えています。こうした良質な住宅を、古くなったからと言って大切に使わないのは社会の損失でもあります。 また、そんな良質な住宅も中古になれば一気に価値が下がってしまいます。こうした状況を逆手に取って、築浅で耐震性も高い良質な中古住宅を購入し、自分の好きな様に大規模リフォームして住むと言う方法も、賢い選択肢と言えるでしょう。 どんなに考え抜いた注文住宅でも、家族や生活パターンの変化で理想の住宅は変わるもので、これを考えれば、購入価格を安く抑え、家族や生活パターンの変化に合わせてリフォームを繰り返して、常にその時々に最適な住宅に変化させると言う方法も良いと思います。 住宅購入時には、こうした選択肢も考えられてはいかかでしょうか…